誹謗中傷対策比較サイト~誹謗中傷でお悩みの方へ~

HOME > 誹謗中傷について > 不特定多数による言葉の暴力

不特定多数による言葉の暴力

 誹謗中傷、所謂言葉の暴力と言う解釈の方が分かりやすいです。実質、間接的な破壊性を持っており、または攻撃的でもあります。相手は誰でも構わないと言う事です。
 つまりは不特定多数の言葉の暴力であり、犯罪にも等しいと言う事にもなります。但し、批判した相手の名前も顔も分からないと言う事です。
 つまりは目に見えるのが言葉であり、文字であり、そして即ち文章であると言う事です。社会全般に於ける言葉、そして文章で相手を打ちのめすと言う事が出来ると言う訳です。
 個人的には特に意識していない言葉、そして文章だとします。ところがその周囲の人たちによっては、考えられない、想像も絶するほどの醜い言葉であり、文章として受け止められれば、そこから攻撃の火種が点くと言う訳です。


 何故に、インターネット上で、多くの目に止まる場所で、攻撃にも値する言葉を、文章を見なければならないのかと言う目に止まった言葉、文章に発奮しての攻撃の言葉、文章が生まれると言う訳です。
 単なるコミュニティの場所でも、誰が悪い訳でもなく、虐めにまで似た言葉と文章が画面に表示される訳ですから、言葉を記入した人にとっては、馬の耳に念仏と言う訳でもあります。
 しかも、それが不特定多数にまで飛び火し、更に非難の言葉で湧き上がると言う訳ですから、メンタル面でもかなりの打撃となると言う事です。
 自分が感じたそのままの言葉と文章が周囲に妥協できずに、逆に曝しものされると言う状況に追い遣られて、遂にはノイローゼになってしまうと言うケースも少なくはないと言う事があります。


 コミュニケーションの場所でもそうですが、誹謗中傷は社会的にも厄介と言う事です。事と次第によっては、地域を滅ぼすと言う結果にも成り得ます。
 つまりは自然災害です。その他にも社会的にも人為的被害も同様です。周囲に突然自然災害が起こった場合にも、完全に復旧したのに全く以前のように栄える事がないと言う場合です。 つまりは、何か一つでも否定的な事実が発見された場合には、つまりはこじつけの如くに、やはりその場所は辞退と言う結果が招かれ、通常の半分以下の結果となる場合もあります。
 また人為的な部分では、犯罪です。その地域に発生し、その後は徹底的に除去されはした訳ですが、人の意識の強さで、どうにも蟠りが衰えなく、そのまま継承され、あまり近づくことの無い場所と化すると言うのもその類に入ると言う訳です。
 そのために、社会が一番悩み抱えている事の一つに、誹謗中傷があり、間接的打撃とも言うべき被害でもあります。

次の記事へ

ページトップへ