誹謗中傷対策比較サイト~誹謗中傷でお悩みの方へ~

HOME > 誹謗中傷について > 言葉と表現に於ける暴力

言葉と表現に於ける暴力

 誹謗中傷、つまりは間接的なる言葉と文章、そして表現力としての暴力です。今やインターネットに於けるそれらの暴力はまず止まるところを知らないと言うが如く、簡単に出来ると言う事もあり、そのために心を悩ませている人々も多いと言う事です。
 簡単に例を挙げれば、インターネット上にはSNSと言うのがあります。つまりはソーシャルネットワークサービスとも言うべき、不特定多数の言葉のコミュニケーションです。
 インターネットの場合は、声はないものの、その分、100%が言葉であり、文字となって、表現される訳です。そのために、この言葉の持つ意味と言うのが最大の武器となります。
 ある人がインターネット上や何かの掲示板で、ある人にコメントをしたとします。そのコメントを見た、読んだ人が、そのコメントがその人に対して随分失礼な事として受け止めて、コメントをした人を非難したとします。


 その非難のコメントがある意味では、点火となる場合がある訳です。つまりはその非難した文章へ同調する人がたちまち増える訳です。
 ふとしたコメントがかなりの非難を浴びると言う結果になります。そのある人が、自分の名前まで記入していたとすれば、その名前は、そのSNSから、かなりの批判を受けると言う展開となります。
 全く単純に浮かんだ言葉が一斉に何十人から何百人、そしてその何百人から伝染して、ある意味社会問題にまで発展すると言う事がある訳です。
 たったの数文字の言葉の表現が、ある意味では一喜一憂すると言う事が誹謗中傷となります。
 別に間違った事を表現している訳ではないと本人は考えますが、その表現がある意味では、不特定多数にとっては、物凄い反発を買うと言う結果にもなると言う訳です。


 どこからともなく、誹謗中傷の種は蒔かれます。それが自分にとっては、全く予想する事も出来ない場所からでもです。
 インターネットのサイト上で、しかも、そのジャンルはいざ知らず、社会、経済、コミュニケーション、芸能、その他、場所など特に特定なく、そしていつの間にか騒動になっていると言う訳です。
 そして一番問題なのが、その批判を受けた人はどうなるかと言う事ですが、悪くすれば精神面で苦悩すると言う結果にも陥ります。それだけネット上の批判と言うのは強力であると言う事です。サイトを退会する以外に方法はないと言う事になります。
 しかも、自分の考えを完璧に批判された訳ですから、その悔しさもあり、まさかこれほどまでも広がるとはと言う想像を絶する驚きが神経を逆なでると言う結果にもなると言う事です。

ページトップへ