誹謗中傷対策比較サイト~誹謗中傷でお悩みの方へ~

HOME > 誹謗中傷について > 顔が見えないから誹謗中傷できてしまう

顔が見えないから誹謗中傷できてしまう

ここ最近、twitterやFacebook、Instagramなどさまざまな種類のSNSが登場し、利用人口も爆発的に増えました。
受信できる情報が増えたのと同時に、自分から発信できる機会も増えた影響でインターネット上に様々な情報や意見が飛び交うようになりました。
その中で問題視されているのが誹謗中傷です。
有名人や芸能人のSNSのコメント欄やリプライに悪意のあるコメントを記載するケースもあれば、掲示板などに特定の個人を対象にした言葉の暴力が記載されているケースもあります。
それらに共通しているのは「匿名性」です。
SNSにしても掲示板にしても、自分の本名や住所などの個人情報を示す必要がないため、相手に一方的に自分の考えていることや意見を軽い気持ちでぶつけることができます。
最近ではネットでの誹謗中傷で逮捕者が出てくるようになりました。
少しでもネット上の誹謗中傷が減ることを願っています。



インターネットでの誹謗中傷の対処

インターネットは便利ですが、デメリットもいくつかあります。
サイバー攻撃やウイルスなども話題になりますが、その他にも誹謗中傷などの弊害もあります。
インターネットは、匿名で利用することができますし、掲示板や口コミなどでも、自由に書き込みができます。
そうなると善意のある人ばかりではないので、何の根拠もない誹謗中傷で傷つけられたりしますが、問題はそれだけではなく、それらの内容が瞬く間に拡散してしまい、止めようがないということなどです。
最近は内容を削除するという方法も取られたりしますが、拡散した内容は止められないので、無実の場合でも被害が出てしまいます。
そして、それがいつまでも続くということも起こります。
そのため誹謗中傷の対処はできるだけ早くする必要があります。
特にビジネスでは被害が目に見える損害として表れるのでたちが悪いということになります。



インターネットでの誹謗中傷の実害

インターネットでの誹謗中傷の実害ということでは、誹謗中傷を受けた人ばかりではなく、行った人にも大きな被害が及びます。
最近はインターネットで目に見えない犯人探しが盛んで、いつの間にか特定されてしまい、名前や写真まで表に出てしまうこともあります。
そのほか家族なども公表されたりしますし、全くの別人が被害に遭うということまで起こります。
そうなると損害賠償などで訴えられたりする場合もあります。
本人はあまり重要に感じず、また匿名なので、誰にもわからないだろうと考えたりしますが、一度疑われてしまうと、なかなか逃れられなかったりします。
ほんの出来心という言い訳は通用しないのがインターネットでもあります。
将来の自分の幸せを知らないうちに閉ざしている自分かもしれないということなので、誹謗中傷などの行動は注意する必要があります。

次の記事へ

ページトップへ